​腰痛

腰痛はよくなっても再発することが非常に多いのと症状によっては悪化してしまうケースがありますのでちゃんとした治療を行う事をお勧めいたします。

筋肉は代表的なもので起立筋や腰方形筋、腸腰筋、多裂筋などがあり、このどれかが緊張をおこしたり捻挫などにより腰痛を起こすことが非常に多いです。

骨が異常をおこして痛みが出るのが側弯症や狭窄症、すべり症や分離症、圧迫骨折などが代表的になります。

 

腰の腰痛と共にシビレが出ることがあるのですがこちらの代表的なものが ヘルニアになります。

ヘルニアと言うのは腰の骨と骨の間の関節の中にあるはずの髄核という物が圧迫を受けたりして関節内から脱出してしまい神経を圧迫してしまう事によりしびれを発症してしまいます

側弯症

この症状は先天的なモノから後天的に発症したものがあります。

こちらの側弯症と言う症状は本来は左右対称にある体が左右非対称になり筋肉の緊張や内臓にまで影響を及ぼします。

仙腸関節炎

こちらは骨盤を担う部分で腸骨と仙骨の間の関節で痛みを発症するものになります。

特に代表的な痛みが前かがみができないや、靴下をはく動作ができないと言うモノになります。

狭窄症

この言葉は年配の方には聞きなれてくる症状名にまります。

狭窄症と言うのは腰の骨と骨の間の関節部分にある関節包があり、その中の水が減り関節と関節の間が狭くなってしまい症状を起こしてしまう傷病名になります。

代表的な症状は腰の痛み、長時間歩くことができない。足へのしびれなど…

 

なぜこのような症状を発症するのかと言うと腰と腰の間からでる神経や血管を圧迫してしまって起こるためです。

すべり症

腰椎すべり症と言うのは腰骨の状態が良くないことによって起こる症状になります。

どう悪いかと言うと骨と骨の間の関節が綺麗に配列されず前に出てしまう症状になります。

分離症

激しいスポーツなどを行う事により椎体と後ろにある椎弓とが分離してしまったことにより不安定になり上下のすべりを起こしものになります。

・圧迫骨折

名前の通り骨を圧迫してしまい腰部に痛みを伴う症状になります。

若年層はスポーツによる疲労骨折やバレーボールなどのジャンプスポーツに発症しやすいです。

 

高齢の方は骨粗鬆症などにより腰の状態が支えれなくなった方に非常に多いです。

​大田原市 交通事故 整骨院

大田原市 実取整骨院 みどり整骨院 交通事故治療